空々



2008. 旅の終わり

d0096300_231418100.jpg


2008年の夏 8月16日から9月14日まで
去年のインドに 引き続き 東南アジアをぶらぶらとしてきた

まずはじめに
この旅で関わった人全てに感謝の気持ちを伝えたいです
一ヶ月ともに旅した君 心配 迷惑をかけた家族 友人
この旅で出逢った全ての人々

ありがとうございました


この旅で僕が目にしたもの感じたものを
しばらくの間 このブログに 書き綴っていきたいと思います

順番はばらばらですが つたない写真と文章ですが

何か感じて頂ければ
世界に興味を持って頂ければ
あなたの 心 そして 足 を動かす事ができれば


まずは旅の終わりから

2008年9月14日 時計の針が夜中をさすころ 僕はバンコクの空港にいた
この日の午前六時半の飛行機で 日本へ帰るのだ 旅が終わろうとしているのだ

一ヶ月間 タイ カンボジア ベトナム ラオス
駆け足でまわった その思い出がクルクルと頭の中をまわる
一ヶ月で何が変わっただろう
そんなことを考える余裕すら与えない 腹痛と睡魔
タイバーツも使い果たし 空港でただただ時間を潰す
ベンチで眠り30分に一度トイレに行く

飛行機に乗ってからも トイレと座席との往復
気がつけば東京についていた

失った日本円とクレジットカード
成田空港から出れない僕は 空港内をたらいまわしにされていた

日本はとても無駄の多い国に思える
電気とかもそうだけれども 人
もちろん それゆえの行き届いたサービス
安心 安全 いろんなものが生まれているけれども
自分の力で頑張る必要があまりないように思えた

先日銀行に新しいカードを発行しにいった
ドアも勝手に開いて 中に入ると立っているだけ 気付けば 申請が終わっていた

よくないと思いつつも甘えてしまっている自分がいる
無駄というか 節約できるものがたくさんある
まずこれを強く思った


順不同 支離滅裂 バラバラ やりたい放題 適当
様々あてはまる言葉がありますが 
のらりくらりと書いていきたいと思います


改めて たくさんの人に ありがとう
[PR]
# by Reo_Tokimasa | 2008-09-17 23:48

フジヤマ

d0096300_0285737.jpg


日本一高い場所で朝日を拝む
太陽の暖かさを 改めて体に刻み込む

日が昇る前は体感温度0℃を下回り
日が昇り2時間もすれば 半袖で永遠に続く坂道を下る

夜景は初日の出を拝んだとき 青梅の山から見た景色のがキレイだった
キラキラキラキラ キラキラキラキラしていたのを覚えている

フジヤマはどうだったろう
とにかく大きかった
山梨、神奈川、東京、千葉すべてが見える
何も見えないのだけれども そこにある 並んでいる
自分が何処にいるのか
星の上に立っているのか

星の上に立っているのだ

僕はこの地球に立っているのだ
[PR]
# by Reo_Tokimasa | 2008-08-10 00:48

under the sea

d0096300_4302458.jpg


今の僕は何色だろう
今の世界は何色だろう

知らない世界
知らない僕

知らないことが多すぎて

皆が何を考えているのかがわからない
結果僕が何を考えているのかがわからない

街を歩くだけで
わからない事が多すぎて頭が痛くなる

遠く蜃気楼に揺れる白黒の塊
何を考えているの
何を感じているの

僕も同じなんだろう
きっと僕よりすごいんだろう

人は見た目が9割
確かににじみ出るものではあるけれども

皆同じ白黒
皆同じスーツ

皆おなじってことなのか
[PR]
# by Reo_Tokimasa | 2008-08-02 04:31

got and a

d0096300_118979.jpg


この道をのぼりきったら 何処に辿り着くの
この道をのぼりきったら 何が見えるの
この道をのぼりきったら 君に会えるの

この道をくだって来た 僕は何処に行くの
この道をくだった先に 君はいるのかな

ボクハナンダ
キミハナンダ

僕を待っているモノは何
僕が待っているモノは何

ワクワク ソワソワ ドキンドキン
ザワザワ メソメソ ドキンドキン
[PR]
# by Reo_Tokimasa | 2008-07-31 01:25

ヤサシイウタ

d0096300_22562551.jpg


優しい詩
春の桜の中の誰かの笑顔みたいな感じ

優しい詩
夏の夜中の風の音みたいな感じ

優しい詩
秋の銀杏の黄色みたいな感じ

優しい詩
冬の白い息と暖かい掌みたいな感じ

いつだってそこにあって
いつだってそばにいて
いつだったか聞こえなくなって
いつの間にかまた口ずさむ

いつだってそこにあって
いつだってそばにいて
いつだったか聞こえなくなって
いつの間にかまた口ずさむ
[PR]
# by Reo_Tokimasa | 2008-07-29 23:13

鏡の国

d0096300_3523512.jpg


鏡のない世界
自分の顔がどんなだかわかんない世界

自分がわからない世界

僕はどんな目をしていますか?
僕はどんな鼻をしていますか?
僕はどんな口をしていますか?



嘘つきで有名な画家が
紙に描いて渡します

あなたはこんな顔ですよ

あぁそうか僕はこんな顔なんだ
ひどい顔だ ひどい顔だ ひどい顔だ

時間が流れます

そしてまた絵を描いて渡されました
今度は親切で有名な画家です

あなたは本当はこんな顔ですよ

違う 僕はこんな顔じゃない
もっとひどい顔をしているんだ
この人は僕をからかってるんだ
本当はこんな顔だったらいいのになって思う

でも僕はひどい顔なんだ
わからないけどひどい顔なんだ
もう誰も信じられない

だってずっとこの顔で生きてきたのだから
ずっとこのまま生きていくのだから
[PR]
# by Reo_Tokimasa | 2008-06-17 04:08

HUNGRY

d0096300_231144.jpg


ギラギラ

悶々

キラキラ

ふらふら

ジャラジャラ

ざわざわ

ざわざわ


うん

最近の僕といえばざわざわしています
気持ちよいざわざわ
上記の音全部含めるとざわざわしています

飛んでいける
否 飛んでいきたくない
歩いていきたい 

ざわざわ てくてく かしゃかしゃかしゃ
[PR]
# by Reo_Tokimasa | 2008-06-08 23:15

雨々

d0096300_084188.jpg


ぐるぐるぐるぐるぐるぐる
溶かしバターになりそう

日常なのか非日常なのか
非日常なのか日常なのか

晴れの日も 雨の日も
ネコに乗ってどこか遠くへ

何処までも 何処までも
行ける気がしてたけど

ぐるぐるぐるぐる回ってた

バスを待っている僕ら 何処まで行けるかな
[PR]
# by Reo_Tokimasa | 2008-06-02 00:27

ネコが泣いた日

d0096300_22532.jpg


悪い事とか 悲しい事とか 
ひとつ起こっただけで 他の100の良い事が吹き飛んでしまう
わかってはいるけど わからない そんな感じ

ほっとけばいいのか
ほっといたらいけないのか

それすらもわからなくなってきて
言葉が見つからなくて

きっと戦争ってそうなんやと思う
戦争なんかしたくない 
けど
世の中たくさん間違ってたり納得できない事があって
首を突っ込むと戦争になって
見て見ぬふりすれば磨り減っていく
 
戦争で戦争を解決するのか
磨り減って 消えてなくなるのか

世界が変わって 戦争がなくなるのか
戦争がなくなって 世界が変わるのか

変わるのは僕なのか
変わるのは世界なのか
[PR]
# by Reo_Tokimasa | 2008-05-26 02:34

転々

d0096300_23482969.jpg


高田馬場で雨に打たれて
思った以上に気持ちよくて

最近自分が東京にいる事を再認識する
夜の電車は嫌い
人がたくさんいて 吐きそうになる
待ち時間もなく 
次から次へとホームに流れてくる電車
そして人 人 人
何処から何処へ行くのか
わからないけれども
皆が皆生きているのだけれども
その中の1人なのだけれども
渋谷から目白の15分に耐えられない
それくらい嫌い

久方ぶりに早稲田松竹にて映画を見る
現実と非現実の融合
僕は何に成りたいのか
シャボン玉は何処へ飛ぶのか

転々と 転々と 転がる僕
転々と 転々と 転がる世界
[PR]
# by Reo_Tokimasa | 2008-04-25 00:02


‡‡‡‡ 日常を非日常に ‡‡‡‡‡‡‡‡ 非日常を日常に‡‡‡‡
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31