空々



Wrong neck

d0096300_183161.jpg


2008.9.11

タイ北部 チェンライの町
とてものどかで気持ちのいい町の パンのおいしいゲストハウスを 昼前に出る

向う先はカレン族の村
その村のカレン族はかの有名な首長族とも呼ばれる人たちである

レンタバイクを200バーツで借り
ひたすら真っ直ぐ太陽の下 左に向って山の中
高速で向ってくる虫にぶつかりながら 
ひたすらバイクを走らせること 二時間弱
ついにその村に到着する

村というか集落というか
生活感はまったくなく 
狭い道に土産屋が立ち並んでいた

前から一度目にしたかった首長族 カレン族を目の当たりにする
確かに感動はあった
同じ地球 同じ時代に こういう人たちが生活しているという感動

しかし
レンズを向けた先にあったのは 営業スマイルという言葉がとてもよく似合う
感情のこもっていない ある意味 綺麗な笑顔だった

どの人に写真を頼んでも
皆同じポーズ 同じ表情 

それが彼らの仕事なのであろう
もっともっといい笑顔をもっているはずなのに
それが見れなくて また引き出すことも出来ず 少し残念であった

たくさんの観光客が この地を訪れ
彼らにレンズを向けるのであろう
レンズを向けられることが 彼らにとっては 仕事であり 存在意義でもある
なんだか少し切なくなった

機会があればまた行きたい
彼らの本当の笑顔を見に 僕らの本当の笑顔を見せに
[PR]
by Reo_Tokimasa | 2008-09-25 01:23
<< AIR HEAD nibi >>


‡‡‡‡ 日常を非日常に ‡‡‡‡‡‡‡‡ 非日常を日常に‡‡‡‡
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30